6AQ5全段差動アンプへの道・・・測定とNFB

Analog Discoveryで測定したところ、 無帰還では10Hz~40kHz (-3dB)程度だ。 この帯域の狭さは、全段差動ベーシックアンプでは仕方ない。 高rp三極管によるドライブですので、ミラー効果が影響してしまう。 情熱の真空管のサイトでも説明がある。 200kHz でわずかなこぶがあるが、位相回転が180度にいたることはない。

聴感で、低域がボンつかないようにNF量を決定してみた。 ある程度NFをかけたほうが、音質的にはよいようだ。 結果的に、NFBを 5.6 dB かけた。 このときの周波数特性は、下記の通りで 8Hz~50kHz(-3dB)程度。 大きな暴れもない。

10kHz の方形波もすなお。 NFの補正コンデンサは不要らしい? 補正コンデンサ無しでよいかを知るために、木村哲(著)真空管アンプの素 を買って読んだ。 なるほど、いらない。

 

歪み率を WaveSpectra で測定してみた。 最低歪みでは、0.1%を切っていた。 驚いた。 5%歪みで2.5W程度取れており、今回の目的には十分。

ダンピングファクタは ON/OFF法で、4 程度。

残留雑音は、左右とも 0.17mV 程度。 クロストークは、50kHz で-72dB で、可聴帯域では、-80dB 以上とれた。正直、残留雑音の測定と変わらない。

6AQ5全段差動ベーシックアンプは、前哨戦のつもりだったが、あまりにできが良いで、さらなる改良をしたくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です