6G-A4全段差動アンプ・・・思案中

旧ホームページの AUDIO な日々にあるように、私は 6G-A4 PP を作ったものの満足いく音を出せるようにならず、投げ出してしまっていた。 手元には、出力トランスのTANGO FX-40-8 と電源トランスの ST220 がある。 6AQ5 (6005) 全段差動アンプは、前哨戦でしかない。 その割には、だいぶのめり込んで結局3段構成化まで、がんばってしまった。

さて、本命の6G-A4全段差動アンプを考えると、ひとつの考えは 6AQ5全段差動でうまくいった3段構成である。 6G-A4 のバイアス電圧から考えても、6AQ5全段差動で使った 2SK30A - 6R-HH8 の前段構成でうまくドライブできるだろう。 この6G-A4 全段差動アンプは、ヤフオクで手に入れたぺるけ師匠による標準シャーシを使うので、デザイン上はGT管が好ましい。 入手しやすいところでは、6SN7GT だろうか。 ところが、手元にはGT管の電圧増幅管がジャンク球しかないし、GT管だと 6R-HH8 のような 低rp管がないらしい。

もうひとつ面白そうな構成がある。 FET + 高耐圧Tr によるカスコード によって、2段分の利得を得てしまうのだ。 情熱の真空管でも、71Aミニワッター で使用例があり、それを全段差動化した記事 もある。 この構成の利点は2段アンプなのでNFが安定にかかることがあげられる。 加えて、うまくやれば、直結ドライブも可能なこともあげられる。 欠点は、FET + 高耐圧Tr によるカスコード は、それぞれの段の利得が安定しない可能性がある(=選別不可避)であることや、直結にした場合は 6G-A4 のカソード側の定電流負荷での消費電力が大きくなることがあげられる。 カソード側の定電流負荷を小さくしようとすると、前段の電圧を下げなければならない。 そうすると、ドライブできる電圧が下がってしまうというトレードオフが生じる。 つまり、魅力的だが、けっこうたいへん。

自分ではどちらにするかも決めかね、真空管&オーディオ「なんでもあり掲示板」に相談したところ、紺屋さんから、先に示したトレードオフに対して、すばらしい情報をいただき、「FET + 高耐圧Tr によるカスコード」方式に舵を切ることに。

電源電圧80Vで2SK209+BJTカスコード、2mA+2mAで単体測定やった例がたまたまありまして・・・
 ご提示の回路のように、ベース接地をGND基準にすると、早期にクリップするようです。理由はワタシには説明できませんが、あくまで差動FETのソースと共通ベース間を定電圧源で縛るほうが良いようです。
 添付の例ではGND-ベース固定だと40Vppで限界。ソース~ベース間固定では63Vppまで(図は50.5V時)行けました。
 個人的には、PH-185を使いK117・C3209カスコード~直結、に惹かれます。

to be continued ..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です